WiMAXのモバイルWiFiルーターの使用感

モバイルWi-Fiルーターを2度ほどレンタルしたことがあります。

1度目は無印WiMAX専用のAterm3800Rという機種。WiMAX2+は使えない機種です。最近、無印WiMAXの周波数帯を減らして、WiMAX2+に移行しているということで、最大通信速度が下り最大40Mbpsから下り最大13.3Mbpsに低下しました。

とはいえ、1Mbbsも出ればYoutubeやHuluなどの動画もなんとか見れるので、電波さえしっかり入れば問題なしです。無印WiMAXはいくら使っても通信制限がかからないのが魅力ですね。しかもこの機種は、レンタル料金がとても安くて2週間で往復送料税込みで4000円でした。

心配だった電波は、都内で外で使う分には全く問題ありませんでした。建物の中も、比較的低層階で、窓に近いところでしたら問題なしです。しかし、少し高層階に行ったり、大きめのビルに入ったりすると、ほとんど電波ははいりませんでした。ということで、僕にとっては少し微妙でした。動画などの大量のデーター通信をする必要があり、大きなビル以外の開けた場所で使用できる場合にはコスパが良いですね。

2度目は1度目が微妙な使用感だったため、機種を変えてみることにしました。無印WiMAXだけではなくWiMAX2+も使えるハイスピードモードに対応したNAD11という機種です。まあ、電波感度が良くなることはあまり期待していなかったんですが、ダメ元で。

しかし結果は大正解でした。前回電波が入らなかった場所でも、WiMAX2+の電波がしっかり入ってきました。基本的に僕の行動範囲では、すべてにおいて前回より電波状況は良かったです。

ただ、WiMAX2+のハイスピードモードは3日で3GB以上の利用で、通信制限がかかる場合があります。でもその制限中も、Youtube動画がストレスなく見える程度と基準が緩和されたため、それほど心配いりませんでした。 3Mbbsは出る様です。実際僕も余裕で3日で3GB以上の利用をしましたが、制限がかかっていることは感じられないくらいでした。レンタル料金は、前回の機種よりは少し上がって2週間で往復送料税込みで約5000円でした。まあ、大容量データを使いたい方はこっちの方が無難かと。

どちらの機種も楽天で数ある業者の中から送料を含め最安のところを探して選びました。時期によってキャンペーン等で値段は前後するかもしれませんが、もろもろ参考にしていただければ幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です