持ち運び方にこだわると故障率が下がる

基本的に滅多なことでは故障しないように作られているモバイルWiFiルーターですが、使用者の意識が低すぎればメーカーが保証している範囲外となるので壊れやすくなるのは明白です。

とすると、普段から慎重に使っている人ばかりが特をするような気がしますが、ちょっとした工夫を凝らすだけで雑な使い方になりがちな人でも安心してモバイルWiFiルーターライフを楽しむことができます。結論から言えば、モバイルWiFiルーターを持ち運ぶときには腰ベルト付近に装着してしまえる仕組みを導入するのが賢い方法です。

デジタルカメラなどの小型のガジェットを収納できる画期的なアイテムとして、腰ベルトに通すだけで装着することができるホルスターがあります。これとモバイルWiFiルーターのサイズをピッタリ合わせることによって、腰ベルト付近に携行することが可能になるというわけです。ところで、どうしてカバンにいれるだけでは不十分なのかについてご存知でしょうか。

実は、カバンの中はモバイルWiFiルーターにとって快適な環境とは言えないのです。たとえば、雨の日には傘でガードできる範囲を超えてしまうことがしばしばあるので、雨水がカバンの中に侵入してモバイルWiFiルーターが水浸しになりやすいです。

また、不意にカバンを落としてしまったときにも大惨事が起こります。モバイルWiFiルーターが投げ出されたりして、一気に破損率が高まるのです。腰ベルト付近に装着していれば、雨水や衝撃から守れます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です