3月の繁忙期を前におさておきたいキャンペーン比較ポイント

1年でもっともWiFiルーターが盛り上がるのが3月です。環境が変わって今までのネット環境を見直したり、新たにネットを引く人が増えるためです。多くのユーザー獲得が望めるため、各社キャンペーン特典を強化してきます。もっと得をするために私が昨年実施した比較のポイントをお教えします!

1.まずは料金に注目しよう

毎月必ず発生するものなので、まずは見過ごさないようにしましょう。ただ、2で説明する特典内容と合わせてみることが大切です。基本的には月額料金が安いキャンペーンはその代わりと言ってはなんですが、キャッシュバックやタブレットはもらえません。

2.キャンペーン特典をチェック!

会社によって特典内容はかなり変わってきます。キャッシュバックで数万円のところもあれば、上で書いた月額割引やタブレットやミニパソコンプレゼントなどがあります。この様々な特典の中でキャッシュバックだけは実際に受け取るまでに時間がかかります。大体契約してから半年から11ヶ月が目安となっています。

3.どんな使い方をするか自分に聞いてみる

WiFiルーターを選ぶ基準を外してはいけません。たとえキャッシュバックが5万円だったとしても、自分の使い方に合っていないWiFiルーターを選んでしまうと本末転倒となってしまいます。特典はあくまでオマケでWiFiルーターを契約するのはネットを使うためだからです。

エリアを重視するのか、実効速度を重視するのか、まずはどんな使い方をするか自分でしっかり考えましょう。

キャンペーンのメインキャリアはWiMAX

一人暮らしユーザーに大人気なのが通信量の制限が無いWiMAXです。ネットで申し込めるWiFiのキャリアの中でも不動の人気ナンバーワンとなっています。

人気があるので色んな会社がキャンペーンを用意していますが、確実にお得なキャンペーンを選ぶには比較サイトを利用するのがおすすめです。私が去年利用したサイトを参考までにご紹介しますね。ぜひごらんください。

参考:失敗しないWiMAX2キャンペーン比較ランキング

WiMAXの便利さを痛感してます。

最近ではほとんどの方がスマートフォンを利用していると思いますが
こんな悩みありませんか?

  • 「動画をみたいのに通信速度が遅すぎる」
  • 「インターネットの表示が遅すぎる」

正直スマートフォンを利用していて便利なのはインターネット回線がつながっていてこそです。私もスマートフォンを利用して動画をよく見ますので、通信速度が制限されてしまい動画をスムーズに見れなくなると価値が半減してしまうと思います。

それが嫌だったので思い切ってWiMAXを契約してみました。すると一度も通信速度が制限されることなく、通信速度など気にする必要もなくスパスパと動画が見れてしまいます。休みの日に一日中動画を見ていても通勤時間にずっと見ていても通信速度がかかることはありません。

ただしこんな心配があると思います。

WiMAXを契約すると通信費が高くなるんじゃないの?

実は普段の携帯電話の通信費と同じくらいでWiMAXを持つこともできます。私が行った方法はスマートフォンのネット通信をなくしてWiMAXのみでインターネットに接続することです。この方法ならスマートフォンの本体料金とWiMAXの通信費だけで利用することができます。

つまりスマートフォンの本体のみを購入し、インターネット通信はWiMAXを経由して行うという方法です。

ただし、デメリットもあります。

  • メールアドレスがフリーアドレスしか使えない
  • WiMAXの充電が切れるのが速い
  • WiMAXを持ち運ばなければいけない
  • WiMAXが手元にないとインターネット接続ができない

こういったデメリットです。私はこれをカバーできるほどのメリットがWiMAXにはあると感じますがどう思われますか?

私はパソコンなども持ち運びして利用しますので、パソコンとWiMAXを接続することもできます。いつでもどこでも通信規制に悩まされず、インターネットを利用したいという方はぜひおすすめできる方法ですのでぜひ検討してみてはどうですか?

持ち運び方にこだわると故障率が下がる

基本的に滅多なことでは故障しないように作られているモバイルWiFiルーターですが、使用者の意識が低すぎればメーカーが保証している範囲外となるので壊れやすくなるのは明白です。

とすると、普段から慎重に使っている人ばかりが特をするような気がしますが、ちょっとした工夫を凝らすだけで雑な使い方になりがちな人でも安心してモバイルWiFiルーターライフを楽しむことができます。結論から言えば、モバイルWiFiルーターを持ち運ぶときには腰ベルト付近に装着してしまえる仕組みを導入するのが賢い方法です。

デジタルカメラなどの小型のガジェットを収納できる画期的なアイテムとして、腰ベルトに通すだけで装着することができるホルスターがあります。これとモバイルWiFiルーターのサイズをピッタリ合わせることによって、腰ベルト付近に携行することが可能になるというわけです。ところで、どうしてカバンにいれるだけでは不十分なのかについてご存知でしょうか。

実は、カバンの中はモバイルWiFiルーターにとって快適な環境とは言えないのです。たとえば、雨の日には傘でガードできる範囲を超えてしまうことがしばしばあるので、雨水がカバンの中に侵入してモバイルWiFiルーターが水浸しになりやすいです。

また、不意にカバンを落としてしまったときにも大惨事が起こります。モバイルWiFiルーターが投げ出されたりして、一気に破損率が高まるのです。腰ベルト付近に装着していれば、雨水や衝撃から守れます。

WiMAXを使用していた感想

以前、ちょうど1年ほどWiMAXを使用していました。Wi-Fiが今ほど普及していない頃で、一人暮らしを始める頃に、もともとどれほど一人暮らしを続けるかも微妙だったので、インターネットの契約をするつもりもなく、しかしインターネットがないと何も出来ないことに気づき、いろいろと考えた結果、移動中にも使え、長い契約も不要なWiMAXにしてみました。

一番良かったことは、ポータブルでどこでも持っていけることです。その当時は4Gなどではなく、携帯の電波ではスピードが遅かったのですが、街中ではWiMAXでWi-Fiを取り、移動中に携帯で海外のラジオを聞いたりしていました。家ではもちろんの事、旅行に行った時などもWiMAXの電波さえ入ればインターネットが少しばかりでしたが高速で使えました。

次に良かったことは、契約が長期ではなかったことです。結果、いろいろあり1年後に実家に戻ることになったので、WiMAXの契約も1年で解除しました。
解除の際も、連絡をするだけでオッケーで、どこかに出向く必要もありませんでしたし、機器の返却等もなく、ずいぶん便利でした。

使用していた当時にもどかしかったことは、電波が入らないところが意外とあったこと。街中でもたまに入らないことがありました。それから充電です。やはりバッテリーがすぐになくなっていたので、ほぼ常に充電器も持ち歩いていました。ずいぶん前のことなので、最近では長持ち充電タイプのものや、軽量化されたものなどもあるようですね。
今でも当時WiMAXを使って良かったと思います。

WiMAXのモバイルWiFiルーターの使用感

モバイルWi-Fiルーターを2度ほどレンタルしたことがあります。

1度目は無印WiMAX専用のAterm3800Rという機種。WiMAX2+は使えない機種です。最近、無印WiMAXの周波数帯を減らして、WiMAX2+に移行しているということで、最大通信速度が下り最大40Mbpsから下り最大13.3Mbpsに低下しました。

とはいえ、1Mbbsも出ればYoutubeやHuluなどの動画もなんとか見れるので、電波さえしっかり入れば問題なしです。無印WiMAXはいくら使っても通信制限がかからないのが魅力ですね。しかもこの機種は、レンタル料金がとても安くて2週間で往復送料税込みで4000円でした。

心配だった電波は、都内で外で使う分には全く問題ありませんでした。建物の中も、比較的低層階で、窓に近いところでしたら問題なしです。しかし、少し高層階に行ったり、大きめのビルに入ったりすると、ほとんど電波ははいりませんでした。ということで、僕にとっては少し微妙でした。動画などの大量のデーター通信をする必要があり、大きなビル以外の開けた場所で使用できる場合にはコスパが良いですね。

2度目は1度目が微妙な使用感だったため、機種を変えてみることにしました。無印WiMAXだけではなくWiMAX2+も使えるハイスピードモードに対応したNAD11という機種です。まあ、電波感度が良くなることはあまり期待していなかったんですが、ダメ元で。

しかし結果は大正解でした。前回電波が入らなかった場所でも、WiMAX2+の電波がしっかり入ってきました。基本的に僕の行動範囲では、すべてにおいて前回より電波状況は良かったです。

ただ、WiMAX2+のハイスピードモードは3日で3GB以上の利用で、通信制限がかかる場合があります。でもその制限中も、Youtube動画がストレスなく見える程度と基準が緩和されたため、それほど心配いりませんでした。 3Mbbsは出る様です。実際僕も余裕で3日で3GB以上の利用をしましたが、制限がかかっていることは感じられないくらいでした。レンタル料金は、前回の機種よりは少し上がって2週間で往復送料税込みで約5000円でした。まあ、大容量データを使いたい方はこっちの方が無難かと。

どちらの機種も楽天で数ある業者の中から送料を含め最安のところを探して選びました。時期によってキャンペーン等で値段は前後するかもしれませんが、もろもろ参考にしていただければ幸いです。

どちらを選ぶ?モバイルWiFiルーターの現状

モバイルWiFiルーターの代表格と言えば、「Y!mobile」と「WiMAX」の2キャリアですね。昨年あたりからは「格安SIM」もシェアを伸ばし始めていて、SIMフリーのモバイルWiFiルーターと格安SIMの組み合わせも注目を集めています。
今回は、2大モバイルキャリアについて、代表的な機種を参考に比べてみたいと思います。

「Y!mobile」でよく目にする機種は、「401HW」でしょうか。
回線はY!mobileの4Gエリアで、下り最大112.5Mbpsで連続通信時間は約6時間、WiFi規格はIEEE802.11b/g/nに対応しています。
契約は3年の自動更新、通信容量は5GB/月ですが、現在は2GB増量キャンペーンにより7GB/月利用できます。
月額料金は2,678円(税込)、端末代は1,750円の24回払い(42,000円)ですが毎月1,750円の割引があって実質0円となっています。
Y!mobileといえば現金還元、公式サイトでも「1万円キャッシュバック」のキャンペーンを行っていますし、家電量販店ではタブレットセットなどがお得ですね。

「WiMAX」では「WX01」でしょうか。
回線はWiMAXとWiMAX2+のエリアで、下り最大220Mbpsで連続通信時間は約8.6時間、WiFi規格はIEEE802.11ac/b/g/nに対応しています。
契約は2年の自動更新、通信容量はプランによって異なり、「ツープラスギガ放題」は月の利用制限がなく4,730円(税込)、「ツープラス」は月間7GBまでで3,991円(税込)、端末代は800円となっています。月単位でプラン変更できるのもメリットですね。
WiMAXも現金還元を行っていますが、公式サイトでは端末代20,000円が800円に割引になっているだけですが、家電量販店では契約内容によって還元施策を行っているようです。

両キャリアとも場所によって速度に違いがでるとは思うのですが、安く使うなら「Y!mobile」、速度重視なら「WiMAX」というのが現時点での目安になるようです。